はじめに

弁護士が取扱う業務分野は広範囲にわたります。  
その中には金銭の貸し借りや借家,離婚など,どの弁護士でも取り扱っている分野(一般分野)と特許や医療事故など一部の弁護士しか取り扱っていない分野(専門分野)があります。
当事務所でも一般分野は全て取り扱っていますが,専門分野では,当事務所所属弁護士ごとに,よく取り扱っている分野,取り扱っているがそれほど事件数の多くない分野,取り扱っていない分野があります。

一般部門

金銭貸借,借地借家,交通事故,離婚,相続,破産や個人再生等の債務整理事件,刑事,少年事件など,日常生活及び通常の企業活動で関係するのはほとんどが一般分野です。
項目を挙げていくときりがありません。
後記の専門分野でふれていないものは全て一般分野と考えていただいて結構です。
それらは全て取り扱っています。

専門部門

よく取り扱っている専門分野

  • 会社紛争,経営再建及び倒産,税務対策,相続問題など税務会計の知識経験を必要とする分野
  • 証券取引,商品先物取引等の投資被害事件

上記以外で取り扱っている専門分野

  • 医療事故,建築問題,労働事件(使用者側・労働者側双方),マンション問題

取り扱っていない専門分野

  • 渉外(国際商事),著作権,特許,実用新案・意匠,海事
Copyright 2009 (c)Tenjin Law and Tax Firm All rights reserved.